愛車の 今(2017年07月) の価値を知ろう!

見落とさないで!インプレッサ WRX STI簡単査定比較


出張先からの帰り、電車の中で隣に座っていた先輩が聞いてきました。 「そういえば、車どうだった?」

「買取で高い査定がもらえましたよ。」
査定額を思い出して、自然に口元が緩みました。
「下取り査定より、10万円以上高かったです。」

「ホントか!すごいな。」先輩はビックリした後、
「でも暫く忙しかったのに、いつの間に、買取り査定なんかできたんだ?

「それには、秘密が ...」


あなたのインプレッサ WRX STIを高く売るには、誰よりも欲しい人に売るのが一番。 でもね。この誰よりも欲しい人(店)探しが大変・・・でした。少し前までは。 今は簡単なんです。

インターネット生まれの愛車無料一括査定が常識を変えました。 たった3分の簡単入力で、あなたのインプレッサ WRX STIを複数の買取店が査定で競う仕組み。 あなたのインプレッサ WRX STIを誰よりも欲しい買取店が見つかるはず。 「査定比較ってこんな簡単なの?」と忙しい人にも、初めての人にも喜ばれてます。

「そんな、うまい話があるの!?」「ウチのインプレッサ WRX STIでもできるかなぁ?」という疑問や不安に一つづつ答えていきます。 知らないのは損です。

実はこの方法、利用無料・簡単3分・高い査定の3拍子だから、もう200万人が利用した車買取り査定の新常識なんです。

あなたのインプレッサ WRX STIは、きっともっと高いはずです。

あなたのインプレッサ WRX STI 一括査定が何故いいか?


インプレッサ WRX STIの査定なぜ高い?

理由は簡単です。

ガリバー(中古車買取り実績No.1)やカーチス、カーセブンなど、あなたが選ぶ複数の買取店が、あなたのインプレッサ WRX STIの査定を競うから。
(※なお地域によって選べる買取店は異なります。)

あなたは1番を選ぶだけ。 交渉も要りません。


ホントに簡単なの?

簡単です。 だからこそ利用者200万人なんですね。 初めての人にも、車のことが詳しくない人にも喜ばれてます。

公式サイトに入力フォームがありますので、そのとおり入力していきます。 たった3分でOK。

3分とはいえ、慣れない入力項目には少し戸惑うかもしれませんね。 でも愛車を適切に&高く査定してもらうための大切な情報です。 最後まで気を抜かずに入力しましょう。


ストレスはない?

店頭での査定なら、予想外に査定額が低いときの「ショック」と「恥ずかしさ」が最も大きなストレスでしょう。

極端な話、店頭で査定0円と言われた経験者は、ショックより恥ずかしさが辛かったといいます。

でもネットならその心配は不要です。

仮にどこかの買取店が0円でも、別の買取店が納得の査定額を提示することも珍しくありません。


気軽に価格を知りたいんだけど...

先に価格を調べてから、売るかどうかを考えるのもアリです。

査定額に納得なら、買取を進めることもOK。

でも、査定額に心が動かなければ、もちろん売る必要はありません。

たった3分の簡単入力だから、最寄の買取店に行くよりずっと楽々ですね。


ウチの車、自信がないなぁ...

カービューにはいろいろ専門色や特徴を持った買取店が待機しています。

例えば、走行不能になった事故車も、水没車も査定OK。

過走行車や年式の古い車でも大丈夫。

査定前にあきらめるのは、すごくもったいないです。


ホントに信頼できる?

もう200万人が利用しています。

このサービスを提供する「カービュー(carview)」は、インターネットでは以前からかなり知名度が高く信頼性の高い企業です。 ちなみに(株)カービューは東証マザーズに上場しています。

参加買取店は、ガリバー(中古車実績No.1)やカーチス、カーセブンなど有名買取店から地元密着型買取店まで数百規模が待機しています。

「ネットだから信頼できない」と考える人もいますが、実はコレくらい知名度が高い企業の場合、問題があると逆にアチコチで叩かれるので、そういう悪い評判がないことが信頼できる根拠の一つでもあります。


とにかく、カービューを知らずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

たった3分の簡単入力  買取店が査定を競う!


200万人が利用のカービュー(carview)だから、あなたの他にもインプレッサ WRX STIの高価買取りを狙うライバルが次々と...。

最高の買取チャンスを横取りされないためには、ライバルより早い行動も大事。

あなたが決めれば、査定は今すぐできます


車とレースの豆情報

スターボードとポート
ヨットレース特有のルールの一つにスターボード(スタボー)とポートという概念があります。ヨットは風上方向に走るとき、45度程度以上風上に進む事ができないため、ジグザグに進みます。右側から風を受けて走るときをスタボーといい、左側から風を受けて走るときをポートといいます。スタボー艇とポート艇が交差するときは、スタボー艇が優先というのがルールです。

カート用語 た
た行【タイヤ】路面に直接接地する、カートの主要部分の一つです。【タイムトライアル】単独走行によりタイムを競.....

モトクロス
モトクロスは、オートバイを利用したレースの一種です。 オフロード競技専用車やオフロード向けオートバイを用い.....

自動車の個人売買
信頼できる人との間で行う自動車の個人売買は、売る側にとっても買う側にとってももっともいい条件で自動車を売買.....

カート(kart)とは
カートは「kart」です。カートというと普通はレーシングカートのことを指します。遊園地などで誰でも乗ること.....

インプレッサ WRX STI&愛車下取りこんな失敗を参考に. 。そしてクルマにべんりなページ。 AIRIAのことならAIRIAのページ、 スバルのことならスバルのページ、 などなど。

Copyright © 2007-2013 カートがきっかけ自動車が好き. All rights reserved