レーシングカート



レーシングカートのクラスおよび格式はいろいろあります。

レーシングカートのそれぞれのクラスによって、カートのフレームやタイヤ、エンジンなどが細かく規定されています。カートに限らずどんなレースでもそうですね。

スプリントカートの入門クラスから、直線速度200km/h程度で走るスーパーカートというものまであります。

カートって車高が低くて、地べたを這うように走るため、体感速度はものすごいものになります。

自動車でも小さい車より大きい車のほうが速度の割りにスピードを感じにくく運転も安定しますよね。

レーシングカートの場合には走るためのもの以外は何もないシンプル構造で小さいです。しかも、車高が低く視界が狭くなりがちのため、ドライバーの感じる体感速度はものすごいんですね。レーシングカートのドライバーはすごいですね。

Line

車とレースの豆情報

競馬
競馬も公営競技の一つで、ものすごく人気のある競技です。競馬場で見る競馬は、その迫力も楽しみの一つです。競馬は国民的な競技.....

初めてのカート
カートは遊園地のゴーカートと異なり、馬力もスピードも段違いです。カートを運転すると本物のレーサーになったような気さえしま.....

自動車の保険
自動車保険は自動車を運転していて万が一のためのものです。自動車事故は意外に多いです。飛行機事故が嫌で飛行機に乗らないとい.....

カート用語 ら~わ
ら行【レース】カートのレースには、クラスおよび格式が多種類あります。 レーシングカートはFIA-CIKにより統一されたル.....

ヨットレースのスタート
ヨットレースのスタートはスタートラインを決まった時間以降に切るというカタチです。スタートの位置は基本的に自由なので、その場所取りの駆け引きが、レースの行方を大きく左右します。できるだけジャストスタートで、しかも初速をもってスタートを切るために、スタート地点であらゆる駆け引きが繰り広げられるのでした。ここも醍醐味の一つです。

Copyright © 2007-2013 カートがきっかけ自動車が好き. All rights reserved